★ 

便利情報タイトル

 ★
★ 

情報秘密基地

 ★

管理者のメモ帳的便利情報サイト

 RSS XML
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • 秘密基地
  • 食用可否
  • 川柳ノ歌
--☆INFORMATION☆--
2017年2月25日【土】11時14分06秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2016年11月20日【日】17時13分49秒
【(*´ω`*)】インターネット声優養成所
2014年11月6日【木】13時44分35秒
【(*´ω`*)】確率収束診断スクリプトできました!
2013年11月25日【月】21時33分57秒
【(*´∇`*)】いくつかの記事をNEWSYUKAに移動しました。
2013年10月26日【土】18時58分54秒
【(*´∀`)b】秋華の川柳アップしました♪
2013年1月3日【木】15時42分24秒
【(*´∇`*)】情報秘密基地をリニューアルしました♪
--☆HOTLINK NOW☆--
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
【楽天kobo】電子書籍販売★秋華★
【パブー】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【鳥の名前】都会に生息する鳥プチ図鑑~大阪の街中や河川敷で見られる鳥たち~

2017年7月20日【木】19時56分19秒
大阪市内で見た鳥たちをまとめてみました。
※写真等間違いがある場合もございます。
※名前に貼られたリンク先には更に別の写真があったりします。

■■カワラバト(ドバト)■■ハト目ハト科カワラバト属■■
カワラバト
鳩と言えば、都会で見かける鳥のトップではないでしょうか。
鳩の中でも、特にこのカワラバトを見かける事が断然多いです。
ドバトとも言われています。
日本の鳩は狩られる事もまず無いので、警戒心が無く人がいてもあまり気にしません。
餌を与えるとむしろ肩や手に乗ってくるくらいです。
平和の象徴とされる鳥でもあります。

■■キジバト■■ハト目ハト科キジバト属■■
キジバト
鳩の中で唯一狩猟鳥に指定されている種です。
都会でも見る事ができます。
狩猟鳥に指定されている事を知っているのか、カワラバトよりも警戒心が強い個体が多い気がします。
数が少ないせいか、カワラバトのようにたむろせず、単体でいる事が多いです。
偶に二匹が一緒にいるのを見かける程度です。
首の所にある模様が特徴です。

■■雀(スズメ)■■スズメ目スズメ科スズメ属■■
雀
都会の鳥と言えば、まず思い浮かべるのが、鳩とこの雀ではないでしょうか。
小さくてすぐに逃げてしまう警戒心の強い鳥ですが、ベンチに座っていたりすると意外に近くまで寄ってきます。
あまりなつかない鳥と言われています。
木の上から鳥の鳴き声が聞こえる場合、概ね雀の場合が多いです。
羽をばたつかせて、すごい勢いで直進して飛んできます。

■■ハシボソガラス■■スズメ目カラス科カラス属■■
ハシボソガラス
都会にいるカラスと言えば、このハシボソガラスと、次に紹介するハシブトガラスになります。
違いは、クチバシがすっと真っすぐに伸び、頭もスラッとしているのがハシボソガラスです。
写真ではクチバシが先の方で曲がっているように見えますが、真横からの別の写真で確認した所、真っすぐスラッとしていました。
頭も出ていませんね。
「ガァーガァー」としゃがれた声で鳴くのが特徴だそうです。

■■ハシブトガラス■■スズメ目カラス科カラス属■■
ハシブトガラス
ハシボソガラスとならんで都会に多いカラスです。
都会と言いますか、日本に生息しているカラスはだいたいこの2種になります。
クチバシの先まで太く頭が突きだしているような形に見えるのがこの種の特徴です。
個人的には目が怖い方のカラスです。{笑}
鳴き声は逆に、澄んだ綺麗な声で「カァーカァー」と鳴くようです。

■■椋鳥(ムクドリ)■■スズメ目ムクドリ科ムクドリ属■■
椋鳥
都会で見かける鳥ベスト5に入る鳥です。
椋鳥もそこそこ警戒心が強く、近寄ると逃げます。
時々ニュースで椋鳥被害について報道されていたりしますから、あまり良い印象のある鳥ではありませんね。
ただ、鳩や雀のように普通の街中で見かける事は少ないので、珍しい鳥だと思う人もいるかもしれません。
公園や河川敷に行けば大抵います。

■■ヒヨドリ■■スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属■■
ヒヨドリ
クチバシが黒くて長い小さな鳥です。
写真のは標準よりもデブっとした印象です。
人にも慣れる鳥で飼われていた事もあるようですが、今では狩猟鳥に指定されている可哀想な鳥です。{笑}
美味しく食べる事もできるようです。

■■雲雀(ヒバリ)■■スズメ目ヒバリ科ヒバリ属■■
雲雀
春を告げる鳥として親しまれています。
絶滅が危惧されています。
人の目に触れる機会が多い鳥だそうですが、都会ではそんなに見る事はなさそうです。
鶯(ウグイス)の鳴き声につられて、追っていたら撮れた写真です。{汗}
つまりウグイスも都会にいたりしますが、警戒心がとても強い鳥なので見る事はできませんでした。

■■鶫(ツグミ)■■スズメ目ツグミ科ツグミ属■■
鶫
冬にやってくる渡り鳥です。
夏にはいなくなり鳴き声が聞こえなくなる事から、『口をつぐむ』ツグミちゃんってわけですね。
お腹の方の模様と、目の上の眉毛のような白いラインが特徴的です。
ヒバリに似ていますがヒバリにはお腹の方の模様はほぼ無く、全体的に色も薄いです。

■■ジョウビタキ■■スズメ目ツグミ科ジョウビタキ属■■
ジョウビタキ
冬に見られる小さくて可愛い渡り鳥です。
頭が一休さんのように灰色でツルっとしているのはオスで、メスは全体的に茶色い姿をしています。
今年は大阪城と旧淀川河川敷でその姿を確認しています。
あまり人前には出てこない鳥のように思えます。

■■ハクセキレイ■■スズメ目セキレイ科セキレイ属■■
ハクセキレイ
水辺に棲む鳥ですが、結構町中でも見かけます。
鶺鴒(セキレイ)と言えば神の鳥として大切にされていたりしますね。
イザナミとイザナギの話にも出てきます。
他の小鳥とは違った雰囲気がある綺麗な鳥です。

■■シジュウカラ■■スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属■■
シジュウカラ
日本には四種生息している留鳥だそうです。
雀よりも警戒心が強く、写真を撮るのにとにかく苦労しました。
あちこち飛び回り、追いかけてやっと撮った一枚です。
特徴ある変な鳴き声をしていましたが、忘れました。{汗}
撮ったのは旧淀川河川敷です。

■■メジロ■■スズメ目メジロ科メジロ属■■
メジロ
ウグイスとよく間違えられる鳥です。
梅の木にとまっていることが多く、花札の梅の札が影響しているのではないかと思われます。
梅に鶯とかいいますからね。
でも花札の絵は、どう見てもメジロ(目白)ではありません。
メアカ(目赤)なんですけれどね。
ちなみ鶯の鳴き声は、5月に新淀川の河川敷で聞きました。

■■燕(ツバメ)■■スズメ目ツバメ科ツバメ属■■
ツバメ
写真がこれしかなかったのでとりあえず。{汗}
しかも写っているのはツバメではない可能性もあります。
おそらく見た事の無い人はいないのではないかというくらいよく見かける鳥です。
人の住む傍に巣をつくります。
虫をとって食べるので益鳥とされています。

■■カルガモ■■カモ目カモ科マガモ属■■
カルガモ
カルガモは、都会で見られる鳥ベスト5に入ると思います。
鳩、雀、烏、椋鳥、そしてカルガモですね。
カルガモと言えば、歩いたり水面を泳いでいる姿を思い浮かべますが、結構飛びます。
河の水面ギリギリを飛ぶ姿は別の鳥かと思うくらいスマートです。

■■ユリカモメ■■チドリ目カモメ科カモメ属■■
ユリカモメ
日本では冬に見られる鳥です。
海岸や河川、大阪では大阪城のお堀で見られます。
足とクチバシが赤いです。
大規模な群れをつくって生活しています。

■■コサギ■■ペリカン目サギ科シラサギ属■■
コサギ
白鷺(シラサギ)の一種で、中では白く小さな種です。
クチバシが黒く、足の先が黄色いのが特徴です。
頭に2本の長い冠羽が現れたりします。
繁殖期の一時だけ足先が赤くなるという話です。

■■ダイサギ■■ペリカン目サギ科アオサギ属■■
ダイサギ
アオサギ属ですが、白い鷺なのでシラサギの一種とされています。
写真は、撮影時期からチュウサギとは考えづらいのでダイサギとしていますが、もしかしたらチュウサギの可能性もあります。
撮影時期からは、オオダイサギである可能性が一番高いです。
写真は新淀川の河川敷で撮ったもので、コサギ以外の鷺はそんなに多くは見かけません。

■■アオサギ■■ペリカン目サギ科アオサギ属■■
アオサギ
渡り鳥ですが、本州や四国では留鳥です。
養殖している魚を食べる事もあり、害鳥とされる場合もあるようです。
結構たくましく、小さな哺乳類を食べる事もあるようです。{汗}
場所によっては駆除の対象にもなっているようで、数は減ってきているようです。


※※番外編※※


■■土下座猫(ネコ)■■肉食目ネコ科ネコ属■■
土下座猫
土下座猫です。{笑}
或いは『おいでやす~』と言ってくれているのかもしれません。
ネコは普通に町中で見る事ができます。
飲食店の裏などで餌を貰っていたりするのでしょう。
人になついている猫も多いです。
ただ、大抵のノラネコは飼い猫よりも目つきが鋭いです。
なついていない猫に近づくと引っかかれたりしますから気を付けましょう。

■■ミシシッピアカミミガメ■■カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属■■
ミシシッピアカミミガメ
縁日の屋台ですくう緑色したあいつです。
ミドリガメが成長するとこんなに立派な大きい亀になるのです。
大きくなって飼えなくなり捨てられた亀は、野生の世界で立派に生き抜いています。
むしろここら一体はこやつらの縄張りになっています。
生態系を壊しますから、外来生物を適当に放つのは止めましょう。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト