★ 

便利情報タイトル

 ★
★ 

情報秘密基地

 ★

管理者のメモ帳的便利情報サイト

 RSS XML
ネトマガ
  • 玄関口
  • 占い診断
  • 萌え辞典
  • オタク遊戯
  • ネット小説
  • NEW秋華
  • 秘密基地
  • プチ図鑑
--☆INFORMATION☆--
2020年5月14日【木】16時26分51秒
【告知】サイト運営継続の為、xcoinによる投げ銭をお願いします。
2019年12月8日【日】20時05分51秒
【移動告知】川柳短歌のコーナーは『ネット小説』に移動しました。
2017年2月25日【土】11時14分06秒
【(゚∀゚)】フリー写真館を狛犬画像室にリニューアルしました♪
2014年11月6日【木】13時44分35秒
【(*´ω`*)】確率収束診断スクリプトできました!
2013年11月25日【月】21時33分57秒
【(*´∇`*)】いくつかの記事をNEWSYUKAに移動しました。
2013年10月26日【土】18時58分54秒
【(*´∀`)b】秋華の川柳アップしました♪
2013年1月3日【木】15時42分24秒
【(*´∇`*)】情報秘密基地をリニューアルしました♪
--☆HOTLINK NOW☆--
【Amazon】税金下げろ、規制をなくせ 日本経済復活の処方箋 渡瀬裕哉
【Amazon】米中ソに翻弄されたアジア史 宮脇淳子 江崎道朗 福島香織
【Amazon】日本人に忘れられた ガダルカナル島の近現代史 内藤陽介
【Amazon】2020年大統領選挙後の世界と日本 “トランプ or バイデン" アメリカの選択 渡瀬裕哉
【Amazon】保守とネトウヨの近現代史 倉山満
【Amazon】中学歴史 令和元年度文部科学省検定不合格教科書 竹田恒泰
【Amazon】天皇の国史 竹田恒泰
【Amazon】ミトロヒン文書 KGB(ソ連)・工作の近現代史 山内 智恵子 江崎道朗
【Amazon】若者に伝えたい英雄たちの世界史 倉山満
【Amazon】経済で読み解く日本史6平成編 上念司
【Amazon】みんな大好き陰謀論 内藤陽介
【Amazon】インテリジェンスと保守自由主義 新型コロナに見る日本の動向 江崎道朗
【Amazon】検証 検察庁の近現代史 倉山満
【Amazon】桂太郎-日本政治史上、最高の総理大臣 倉山満
【Amazon】危うい国・日本 百田尚樹 江崎道朗
【Amazon】「新型コロナ恐慌」後の世界 渡邊哲也
【Amazon】日本外務省はソ連の対米工作を知っていた 江崎道朗
【Amazon】トップの教養 ビジネスエリートが使いこなす「武器としての知力」倉山満
【Amazon】天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです・倉山満
【Amazon】メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本 (PHP新書)・渡瀬裕哉
【Amazon】なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか ~アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図・渡瀬裕哉
【Amazon】日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965) ・内藤陽介
【Amazon】天皇家 百五十年の戦い・江崎道朗
【Amazon】ウエストファリア体制・倉山満
【Amazon】アウシュヴィッツの手紙・内藤陽介
【Kindle】電子書籍販売★秋華★
秋華エントランス

【メモ情報】新型コロナウイルス COVID-19 に関する計算データのまとめメモです

2020年6月20日【土】20時55分27秒
自分用に、ここまでの計算データをまとめておきます。

まず新型コロナウイルスの致死率は0.5%前後と予想できます。
ただし普通の風邪と扱って軽く対応する国ではこれが倍になる可能性があります。
つまり致死率1%という事です。
この場合医療崩壊を起こす心配が少ないので、酷い風邪が流行ったといった感じになるでしょう。
しっかり対応しても医療崩壊を起こした場合は、致死率が2倍から8倍となります。
ずっと医療崩壊を起こしたままだと8倍前後って事ですね。
致死率が4%という事です。
これはつまり、医療機関が無ければ致死率4%の風邪という事です。

感染者は、だいたい9割が無症状に近いと思われます。
表に出てくるのは約1割で、その内5%が亡くなるというわけです。

インフルエンザと比べると、致死率や重症化率は10倍で、治療期間は約4倍です。

自然免疫という考えもあるのでなんとも言えませんが、集団免疫を獲得するのはかなり困難です。
50%で集団免疫が獲得できると考えれば、それを目指した対応をした場合、人口の0.5%が亡くなる計算になります。
※普通の風邪として扱わないと医療崩壊確実な為、致死率は1%になります。
集団免疫は50%~70%ですので、正直現実的ではありません。

ただし日本では自然免疫がかなりあるものと思われます。
明らかに他の国よりも感染者が少ないですからね。
国民の予防意識と衛生環境だけでは語れない何かがあるように思います。
インフルエンザの感染が毎年1000万人と考えると、この辺りが集団免疫のラインの可能性があります。
今の体制で集団免疫を目指せば、上手く行けば死者5万人程度で集団免疫を獲得できるでしょう。
これを目指す必要はないですが、ワクチンの開発が遅れればいずれこの数字には達すると思われます。
※あえて目指した場合は普通の風邪として扱い、10万人程度の死者数になると考えられます。

ちなみにこの数字は、治療方法が無く、ワクチンもない状態での数値です。
今後治療方法が確立されてくれば、数値も下がるでしょう。

それと日本に置いて現在、抗体陽性率はおそらく『死者数×0.0001』%くらいになるものと思われます。

一応メモとして書いておきました。

※※追記※※6月21日14:00

ちなみに、何故普通の風邪として扱った場合致死率が高くなるのか。
あくまで私の推測ですが、全ての病院で受け入れるわけで、院内感染が広がりやすくなります。
入院中の患者、診察に来た患者に感染する可能性が高く、つまり感染した時のリスクが高い人にこそ感染します。
当然致死率は上がります。
スウェーデンでの致死率が高いのはその為かと思われます。
【<┃】 【┃┃】 【┃>】
      
このエントリーをはてなブックマークに追加
ドクダミ

仮想通貨お賽銭アドレス
サイト運営を応援し賽銭(投げ銭)を投げて下さる方は、投げ銭に関する注意事項を読んだ上、下記仮想通貨を投げ銭する事ができます。

◆xcoin◇エクスコイン◆

xcoin
Ver.5.00 CGIフリー配布サイト